運営が厳しいのならサブリースを頼んでみよう

相続税対策として人気

女性

長期的に安定収入がある

相続税の基礎控除が減額されたため、相続税対策として賃貸経営を始めたいという人が増えています。賃貸住宅を建てることで土地の評価額を下げることができるだけではなく、ローンを組むことで債務控除となり相続財産を減らすことができます。しかし賃貸経営について何の知識もないので、なかなか踏み切れずにいるという人も少なくありません。入居者が集まらなければ相続対策にならずに、負の遺産を子供に残してしまうことにもなります。一括借り上げならそういったリスクがないので、賃貸経営をしたことがない土地オーナーでも安心です。今は金利が安い為、金融機関から資金を調達して賃貸経営に乗り出す人も増えています。一括借り上げは不動産会社がオーナーから賃貸住宅を借りて、賃料を支払います。賃料は入居者のあるなしにかかわらず一定なので安定した収入が見込め、借り上げ期間も長いので収入が途絶える心配がありません。また一括借り上げは自分で賃貸にかかわる業務をする必要がありません。オーナーはただ家賃収入がはいるのを待っていれば良いと勘違いしている人もいますが、建物の管理やクレーム対応はオーナーの仕事です。家賃の滞納があれば督促や訴訟をしなくてはいけません。退去者がいれば原状回復のための工事発注をし、入居者がなかなか決まらない場合には周辺の賃貸の家賃や設備のリサーチを行って原因をつきとめなくてはいけません。しかし一括借り上げならこれらの業務は不動産会社がしてくれるので、本当に家賃収入が入ってくるのを待っているだけで生活することができるようになります。