運営が厳しいのならサブリースを頼んでみよう

集合住宅

物件の管理を依頼する利点

マンション管理会社は、物件の維持管理を中心とした業務を行っているのが特徴です。長く快適に住めるマンションを維持するためには、定期点検や普段からの清掃に力を入れる必要があります。不動産を利用した投資を考えている人は、信頼できる業者を見つけて上手に利用しましょう。

ウーマン

今注目の投資

マンション経営は好立地物件さえ選べば空室リスクの心配がなくなり安定した利益を常に得ることが出来ます。こうした低リスクという特徴に加え、マンション経営は物件の購入にローンを利用することが出来るので自己資金があまりない方でも始めることが出来ます。

持っている物件を活かす

女の人

申込みからの流れ

大家さん注目のサービスに、サブリース契約なるものがありますが、これは一括借上げと家賃保証をしてもらう契約です。もちろん、新築の賃貸物件にもよく取り入れられていますが、元々建っている賃貸物件でもこのサブリース契約をすることは可能です。まず、サブリース契約を結ぶには、持っている物件の価値を請け負う不動産会社が査定します。サブリースを請け負う不動産会社がリサーチすることは、建っている物件の周辺環境と周辺の賃貸相場です。それをもとに、さまざまなにあるサブリースプランの中から提案がなされ、大家さんが了承すればサブリース契約の締結です。サブリース契約したときの家賃保証の相場は、家賃収入の80%から90%ほどであり、20%から30%は不動産会社へ手数料として支払います。今までのように家賃収入の全てが大家さんの収入ではなくなります。サブリース契約を結ぶと、今まで大家さんがしていたことをほぼ全て不動産会社に任せることができます。入居者の募集から入居者の審査・家賃の回収・退去時の応対・クレーム処理など、広い範囲で任せることができるので忙しい大家さんにはメリットの大きい契約です。また、入居者とのトラブルが発生したときにもサブリース契約があると、不動産会社が対応するので裁判になったとしても大家さんは巻き込まれるリスクはないです。ただ、サブリース契約をしていると物件の管理を依頼するので、老朽化したり入居者の入居率の悪化に伴い、リフォームを提案されるデメリットはあります。

女性

相続税対策として人気

賃貸経営は相続税対策として大変人気がありますが、経験のない賃貸経営を不安に感じる人もいます。不動産会社に一括借り上げしてもらえば、何もしなくても安定した家賃収入が長期的に入ってくるので選ぶ人が増えています。